デイケア 82日目

Daisukeh 2010/05/07 9:37 執筆
Daisukeh 2010/07/23 13:09 投稿

2010/05/07 9:37

 今朝も自転車で通院した。午後から夕方にかけて雨が降るかもしれないと、天気予報で言っていた。確かに昨日とは空気が違うし、雲が低いからちょっと危ない予感はするな…。自分が見た目と価格で購入した自転車は、たまたまクロスバイクというタイプだった。クロスとはロード+マウンテンの意味で、要するにフュージョン(=クロスオーバー)と言い換えてもいいと思う。ロード寄りのクロスもあるし、マウンテン寄りのクロスもあるが、主な特徴は太めのタイヤとフラットバータイプのハンドルを装備していることかな?もちろんドロップハンドルやロード用ホイルを使ったものもあって、それはもう好みの問題になってくる。

 ポタリングとは直訳(というよりも、和製英語か…。)すると、自転車散歩なのだそうだ。先日の日記にも書いたが、自分のサイクリングスタイルはポタリングと言うには過激すぎると思った。なのでいろいろ調べてみたら、シクロクロスという自転車競技があることを知った。クロスバイク(シクロクロスがすなわち車種を示す場合もある。)のチューン車を使った障害物レースで、コース中には柵や階段といった人工的な障害物があり、選手はそこで自転車を担いで足で走るのだ。この競技のルーツは、自転車競技の選手が遊びで隣町へ行くのにコースをショートカットしたのが始まりなのだそうだ。この時点で少なからずオリエンテーリングの要素を含んでいる。そしてそのオリエンテーリングは、軍隊の訓練プログラムだったのだそうだ。トライアスロンもしかり1)だが、ミリタリー系がルーツのスポーツって、妙に魅力的だと思ってしまう。もちろん自分にそうしたスキルやスタミナがある訳じゃないんだが…。自転車を使ったオリエンテーリングというのもあるらしいが、移動能力が高い分、そして肉体以外のメカニカルな要素が追加されるから、面白さは増すだろうなぁ。オリエンテーリングもシクロクロスもトライアスロンも絶対という訳じゃないが、一人で参加する競技だ。もちろんペアで参加できることはできるけど、肉体的な苦痛やストレスを等しく共有することはできない。つまり、孤独だということだ。一人でオリエンテーリングをして道に迷ったり、体が苦しくて心臓がバクバクしたり、自転車がアクシデントを起こしたりしたときの緊張感といったら、なんだかワクワク・ゾクゾクしてたまらないものだ。もちろん汗ビッショリでちょっと怖くなるけど、それがまたいいのだ。そういえば自分は水泳も好きだ。自転車は自分によく似合っていると思う。これでランニングもできれば、トライアスロンに出れるね。ちょっと今から考えると無謀だ。やっぱり今のこの湧き出るヤル気は病的だ。セロトニンが出過ぎている感覚。どうだろうか?こういう時に誰かがいいタイミングでストップをかけてくれないと、危ないのではないか?その加減が分からないから病気なのだが。今こうした事態に気付けているのは重要だと思う。自問自答?いや自答はできない。というよりも、自答した思考に確証が持てないのである。何故なら病気だから。変な意味じゃぁなくてさ…。

failed to fetch data: unkown error

村越 真, 宮内 佐季子
最新読図ワークブック―クイズ形式で楽しみながらナビゲーション力がアップ!
ISBN 4635154017
¥ 2,180
村越 真
道迷い遭難を防ぐ最新読図術―道迷いの心理とナヴィゲーション技術
ISBN 4635200035
¥ 1,836
1) バイアスロンというのもある。鉄砲を担いで走って撃つ、マタギの世界だ。
 
blog/2010/05/デイケア_82日目.txt · 最終更新: 2010/07/23 14:58 by daisukeh
 

Recent changes RSS feed Donate Powered by PHP Valid XHTML 1.0 Valid CSS
Driven by DokuWiki Powered by Google do yourself a favour and use a real browser - get firefox ! GIMP is the GNU Image Manipulation Program. Adobe Flex smarty : Template Engine