2009年 2月

編集日記

Daisukeh 2009/02/01 10:43

 月が替わったので編集日記もまとめておくことにして、editnoteというネームスペースを立てた。今後、ある程度まとまったら、そちらに転記することにする。

 そういえば、どこかに書いた arctic の justify 問題。CSSを吐いている部分を洗い出して、つぶさなければならない。英語圏の人々は justify するのが普通?なのかも知れないけど、文字の幅がほとんど同じ漢字圏の人々にとっては、ちょっと読みづらくなるよね。(だって、英語の禁則に引っ張られて文字間が唐突に開くのだから。)なので、はやめに取り除くべく、タスクに登録しておこう。

Daisukeh 2009/02/01 21:13

そういえばブログの自動年月更新スクリプト(無論PHPで書いた)は、正しく動いているようだ。2月になって1月のブログがスパッと消えた!まぁ、新しい日付のブログが書けるということで、それなりの代償はあると考えよう。

 もうひとつ、現時点でDokuWikiのニューリリースのRC2がアナウンスされているようだ。管理者ログインすると画面上段に更新可能のメッセージが表示されている。DokuWikiを使い始めて日が浅いけど、こういうちょっとした機能って気が利いてるよね。ただしバージョンアップは互換性が気になるところ。変な改造はしていないので大丈夫だとは思うが、RC版は見送ってステーブルな正式版になったら更新を考えようと思う。それまでバグフィックスレポートでもチェックしておこう。

 関係ないけど、ジャックバウアーショルダーバッグ、早く届かないかなぁ8-)

Daisukeh 2009/02/02 21:26

 気になっていたトラックバックの審査機能と、クイックリンク機能のインプリメントが完了した。まだ使い始めたばかりだけど、日本語に対応させることが大前提だから、今のところ問題なく動いているようなので、ひと安心というところだ。このサイトはウィキとはいってもオープンではなく、オーソライズユーザーのみ編集可能にしているので、最低限コメントとトラックバック、先述のクイックリンクがあると、ログインしていない状態や非登録ユーザーでも、サイトに追加情報を加えることができるので、楽しい機能だと思う。これはなんだか新しいウェブ・コラボレーションのアイディアになりそうだなぁ。

Daisukeh 2009/02/04 21:54

 扉ページとネームスペースの統一がされていなかったので、その作業を完了させた。さらに、フィード表示のスクリプトを改良して、コメントも表示できるようにしてみた。日々進化するサイトはいいのだけれど、コンテンツを埋めていくという作業がついてくるので、趣味の開発・実験まで手が追いつかない。それはそれでいいか!

Daisukeh 2009/02/16 23:29

 2月も半分過ぎちゃった。DokuWikiのサイト構築も慣れてきて、いろいろと細かいチューニングや Wiki 文法も使いこなせるようになってきたと思う。電子工作やPukiWiki関連の記事の移行が終わっていないが、3月中にはそれらもすべて終わって、過去の遺産はCDROMに追いやることができると思う。

 今日はメチャクチャ仕事した。Redmineでタスク管理を本格的にし始めたら、意外と(というと失礼だが)使いやすくて、タスクとスケジュールの調整がしやすい。本当はSubversionなどと組み合わせてソースコードのバージョン管理をさせればいいのだけれど、チームプログラムするわけじゃないからいいのだ。そんなわけで今日はアドレナリンが放出されたのか、撮り貯めていた変な写真でブログ3本を書き上げてしまった。明日が怖いよー。

 そろそろITRON関連もそうだし、基板を焼いて何か作りたいところ。processingとかがおもしろそうだから、Arduinoのハンドメイド版でも作ってみる?うーん…。

Daisukeh 2009/02/18 13:13

 「実験室」というコーナーを新たに追加してみました。「吾唯足知(仏教と信仰について)」「竹頭木屑(社会科学と認知科学の考察)」や「以心伝心(思考実験や思想・観念論など)」ではちょっと扱う範囲がちがうなぁ、っていうトピックをまとめるために作ったものです。なんかいい題材ないかなぁ。

Daisukeh 2009/02/24 23:34

 2月も残すところ1週間を切った。早いものである。自分のプログラミングの方向性がだんだん見えてきたような気がする。出発点は PHP だからこれをある程度極めるとして、その先にある RIA 基盤を支える言語を習得せねば!Groovyが最有力だけど、どうもJavaの世界ではGroovyはGrailsと一緒にバックエンドへ追いやって、フロントエンドではJavaFXを使わせたいのでは?(そしてFlex3と対決する?)と思ってきた。Silverlightは眼中にないのだけれど、Flexは柔軟で昔のMSXみたいで面白いんだよなぁ。

 それはいいとして、最近DokuWiki関連のネタが多い。「Chart2プラグインを使う」とか「Evaluatorプラグインを作る」なんかだけど、plugin:chart2はEvaluatorと組み合わせてどんどん使っていこうと思う。使いこなせればかなりおもしろい。そういえば大学の頃に大型計算機にSAS/GRAPHという図形描画ライブラリがあって、マンデルブロ集合とかフラクタル図形を描いて遊んでいたなぁ。あの頃は面白かった、技術が程よく難しくて、努力すればそれなりの成果が挙がったから。今は選択肢も多いし、コミュニティの存在の是非も問われるし、つまりまともに付き合うと情報量の多さに追いつけなくなるのだ。おそらくもう少し時間がたったら、情報の取捨選択の方法や抽出・選択といった方法論が、新しいパラダイムにシフトするんだと思う。そうじゃなきゃ、人間は退化するか痴呆化するね。

Daisukeh 2009/05/14 13:17 リンク修正

 
editnote/2009-02.txt · 最終更新: 2009/02/01 10:43 (外部編集)
 

Recent changes RSS feed Donate Powered by PHP Valid XHTML 1.0 Valid CSS
Driven by DokuWiki Powered by Google do yourself a favour and use a real browser - get firefox ! GIMP is the GNU Image Manipulation Program. Adobe Flex smarty : Template Engine