2009年11月

編集日記

Daisukeh 2009/11/02 07:21

 普段使いで開発用のLaVieL750が死んだ。ハードディスクのコントローラが正常応答しないらしく、温度値が異常だしマウント不能に状況に陥ってしまった。仕方がないので廃棄しようと思うのだが、LiveCDUSBメモリLinux系OSで、ネットサーフィンと文書作成、画像編集くらいはできないものかと思索中なのだ。あ~、でもやっぱり捨てかなぁ。

Daisukeh 2009/11/02 21:08

 いやはや焦った。いや、焦っているから病気なのかもしれないが。クラッシュって突然起こるからクラッシュなんだろうな。ともかく手持ちPCのうち一台は完璧なLinuxマシンになってしまった。ブログの「Cドライブが死んだ日は…」「HDDを脱ぎ捨ててPuppyで行こう!」に事の顛末を書いたが、普段使う分にはPuppyLinuxで充分なのかもしれないなぁ、と思ったり。思わなかったり。余計なゴミが増えない分、地球にやさしくていいかなあと考えたり、開発には「ちょっとねぇ?」と思ってもその他には使えるのなら、もう少し面倒を見てもいいと思うのだ。パソコンだって形ある存在だから、なにかしら魂のようなものが宿っているのんじゃないかと…。

Daisukeh 2009/11/03 21:41

 PuppyLinuxで編集日記を書いている。LaVieL750のハードディスクが死んだので、それを取り除いてUSBメモリを外部記憶にした簡易SSD化ネットブックにしてみたのだ。スペック的にはUbuntuを載せたいが、オーバースペックになるのと使い勝手を考えてPuppyLinuxで行くことにした!Knoppixに浮気心が沸いたけど、試してみたらちょっと無理?な予感なのでそれは諦めた。Puppyはいい。すごくいいと思う。

 ところで自分のネットワーク・インフラにはすでにTwitterが組み込まれていて、コミュニティや知人・有名人のつぶやきに耳を傾けていたので、それなりにツイッターワールドのおもしろい部分を知っていたつもりだったのだが、最近になってソーシャルブックマークのサービスがもっと面白んじゃないかと気づいた。それまでにもGoogleのブックマークサービスを利用することで、どのマシンでも共通のウェブページにアクセスすることができたのだが、Deliciousのようなソーシャルブックマークサービスを利用すると、もっと賢い管理ができるということを知って驚いた。っていうか知らなかった自分が恥ずかしい。プライベートなブックマークには注意しないといけないけど、どのみちウェブサイトにあるページはパブリックなものがほとんどだ。自分のアイデンティティが壊れなければ、こうしたサービスを使わない手はないと思う。そしてさらに、Tumblrを利用することで、ブックマークやツイッター、ブログやウェブサイトのフィードを再構築して「まとめサイト」を作ることができるのが凄すぎる。Tumblrではそこでポストしたメディア情報を、Twitterに逆ポスト?することができる。つまりツイッタークライアントを使わずに、リンクでもフィードでも画像でも音声でもムービーでも、もちろんテキストもすべて飲み込んでくれる。なんだか、そういうウェブサービスを見ていると自分の中のコンピュータ観がすこし変わるような気がしてきた…。

Daisukeh 2009/11/07 16:58

 TwitterDeliciousFlickrそしてYouTubeの運用効率化のため、Tumblrを導入した。サイト名はこれまでを踏襲して「思考の遷移図Ⅲ」である。GoogleFeedBurnerというRSSの管理を高速化するウェブサービスと連携できるようなので、今後フィードの一元化を図ってみようと思う。とりあえず、Tumblrには5個までRSSを登録できる。FlickrYouTubeに追加したマルチメディアデータを自動的に認識してウェブページにマッピングしてくれる機能は、ポスト→ページの高効率かができて楽しい。もちろんTwitterへのポストも即時追従するのだが、Tumblrへのポストがリダイレクトされるのは目から鱗のサービスだと思った。

Daisukeh 2009/11/12 19:58

思考の遷移図Ⅲ - depressive brainstorming  長いこと気になっていたページタイトル(左上に表示されるページ名)のフォントサイズと、真っ白だった背景のCSSを調整してみた。ページタイトルは200%でサイトタイトルが220%になっていたのだが、たったの20%の違いでずいぶんと見栄えがよくなかったことがわかって驚いた。ボールドのゴシック体はちょっとインパクトあるけど、まぁいいでしょ。背景はTwitterTumblrで使っているものと同じだ。本当はもう少し凝ってみたかったが、絵心と根気がなかったのでこれでいいことにした。元ネタはFlickrGoogleの画像検索で拾ってきたもので、それをいじくり倒して合成したものである。このサイトのタイトル「思考の遷移図Ⅱ」からも想像できるように、思考 ⇒ 脳、遷移図 ⇒ なんとなく理系? ⇒ 回路図(本当は配線図)という流れでイメージに合うかと。やっぱり背景画あるといい。

 話は変わるが、Tumblrは今自分の中ではかなりのマイブームになりつつある。同時にTwitterのメディア的側面やFlickrなどに見るマルチメディアコンテンツのウェブサービスをつかったユーザビリティというものに触れると、如何にインターネットが便利で生活の中にすでに浸透し始めていることが理解できる。もう既に思考(人間が頭で考えることね。)は外部記憶としてのインターネットを必要としていて、そこへのアクセス方法、言うなれば入力や出力にパソコンや携帯電話が使われているということだ。多分、思考を記録するときには一度形にしなきゃいけないから、その時に情報の損失が出ていると思う。直接的に思考を記録する方法が編み出されればそうした損失はなくなるし、リアルタイムで高品質になるんだろう。そしてその時には人類の情報社会に対するパラダイムシフトが起こるんだろうなぁ。これって、原始人が火を使いこなすとか、蒸気機関を発明するとか、そういうことと同じレベルなんじゃないだろうか?

Daisukeh 2009/11/30 20:43

 あぁ、そして12月になってしまう。あぁ…。

 
editnote/2009-11.txt · 最終更新: 2009/11/30 20:46 by daisukeh
 

Recent changes RSS feed Donate Powered by PHP Valid XHTML 1.0 Valid CSS
Driven by DokuWiki Powered by Google do yourself a favour and use a real browser - get firefox ! GIMP is the GNU Image Manipulation Program. Adobe Flex smarty : Template Engine